Try WiMAX 2+で契約前に接続テストをしてみましょう

トライワイマックス

 

 

Try WiMAXとは、端末を無料でレンタルできて
契約前にあなたの自宅や職場、学校など

 

WiMAX2+を利用すると考えられる場所での
接続状態がテストできるサービスです。

 

トライワイマックスはUQコミュニケーションズのサービスとなります。

 

レンタル料、送料など一切かかりませんので
ぜひ、契約前に接続テストをやっておいてくださいね!

 

WiMAX 2+契約前の接続テスト

サービス提供エリアの判定で○〜△や△の場合

 

あるいは○の場合でも
Try WiMAX2+を利用した接続テストをおすすめします。

 

WiMAX2+は電波を利用して、インターネットに接続しますので
あなたのお宅の電波の状況を、事前に確認しておくことは大切ですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

では、具体的なTry WiMAXの申し込み方法ですが
まず、UQコミュニケーションズのホームページにアクセスします。

 

 

 

 

トライワイマックスホームページ

 

 

UQモバイルCMの美人3姉妹ですね)

 

 

トライワイマックス申し込み方法

 

 

まずはエリア確認、そして
Try WiMAXのお申し込みをクリックで手続きができます。

 

日本国内在住で20歳以上の方なら申し込みが可能です。(法人もOK)

 

ただし、過去90日以内に利用履歴がある場合

 

また、レンタルした端末の未返却履歴がある場合は
申し込みができませんのでご注意ください。

 

トライワイマックスの申し込みには
あなた名義のクレジットカードの登録が必要となります。

 

クレジットカードの有効性が確認できない場合は
申し込みが受付されませんので、ここもご注意くださいね。

 

VISAデビットカードでも申し込みは可能ですが
書面による申し込みと、本人確認書類のコピーが必須となります。

 

また、申し込みに際して、パソコンでのメールアドレスと
携帯電話/PHSのメールアドレスが必要となっています。
メールアドレスが2つ必要となるわけですね。

 

携帯電話/PHSのメールアドレスをお持ちでない場合も
書面による申し込みと、本人確認書類のコピーが必須となります。

 

スポンサーリンク

 

 

最後に、ここは気をつけておいてほしいポイントですが

 

Try WiMAXのレンタル期間は15日間となっていますが
15日目までにUQコミュニケーションズへの端末返却が必要となります。

 

 

Try WiMAX15日間

 

 

端末の貸し出し期間は

機器発送日から機器返却到着日までの15日間

 

ですから、15日目までに端末が届くように
UQコミュニケーションズへの返却が必要となるわけですね。

 

返却期日を過ぎても、貸出機器が返却されない場合
あるいは、貸出機器を破損・紛失した場合は

 

UQコミュニケーションズの利用規約に基づき
違約金をクレジットカードで支払う必要があります。

 

私もワイマックス契約前にTry WiMAXを利用しましたが
15日目までに端末を返却すれば費用は一切必要ありません。

 

端末が届いたら早めに接続テストをしてみましょうね!

 

あるいは、あなたの身近に端末を使っている方がいらしたら
貸してもらう、手伝ってもらう方法でもOKですよ!

 

(昼ごはんでもご馳走すればいいのでは?(笑)

 

 

 

 

スポンサーリンク