WiMAX2+の変調方式について

WiMAX2+の変調方式

WiMAX2+は無線通信規格のひとつですから

 

ある変調方式を用いて
搬送波を変調した電波(被変調波)を
発射している点では

 

あらゆる無線機器の技術と共通しています。

 

 

従来のWiMAXも無線通信規格ですが
ここではOFDM(直交周波数分割多重)という

 

 

複数のサブキャリア(副搬送波)を
通常のQAM(直交振幅変調)などの変調方式で
変調する技術を用いています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

OFDMの副搬送波の全ては、
互いに直交(互いの電磁ベクトルのスカラー積が零)の関係に
あるので干渉し合うことがなく

 

すなわち混信などの悪影響がないことを
利用した技術がOFDMA(直交周波数分割多元接続)で
モバイルWiMAXに採用されました。

 

 

これら一群の副搬送波は
基地局などのノード(節点)に適宜振り分けられ

 

 

ユーザーさん各々に対して

最もデータ伝送効率の良い副搬送波が割り当てられるわけです。

 

ですから、実効的な周波数帯域利用効率が高く
限りある電波資源を有効に活用できる技術といえますね。

 

 

また、これにMIMO(多元入力多元出力)など
最新のアンテナ技術を用いて

 

 

より確度の高いデータ伝送を達成させるのが
SOFDMA(空間直交周波数分割多元接続)技術です。

 

 

220Mbps対応のSpeed Wi-Fi NEXT WX01では
モバイルでは初となる、4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)が搭載され
アンテナが4本実装されていますね。

 

 

現在のWiMAX2+は、これらの通信方式を踏襲した無線規格で
その原理ゆえに、混信が起こりにくい特長があるわけですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


トップへ戻る