WiMAX2+の認証方式について!マイクロSIMカードを利用

WiMAX2+の認証方式について!マイクロSIMカードを利用

WiMAX2+の認証方式について

WiMAX2+の認証方式

 

 

WiMAXは下り最大40Mbpsのモバイル回線でしたが
WiMAX2+は下り最大220Mbpsの超速モバイル回線

 

さらに将来的には440Mbps〜1Gbpsまでの速度が
計画されていることも注目ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ルーターひとつあれば、サービスエリア内なら
出張先や旅行先などでも、固定回線並のインターネットを
パソコン・スマホ・タブレットなどで利用することができます。

 

 

WiMAXからWiMAX2+へと進化したことで
速度面や技術面など、様々な部分が変更になっていますが

 

主な変更された部分として認証方式があります。

 

従来のWiMAXでは
端末に直接認証チップを搭載することで対応していましたが

 

 

WiMAX2+では、他の携帯キャリアと同じように
microSIMカードを使った認証に変更されています。

 

 

これは、万一悪用されるリスクを
軽減する処理を各端末に施す手間を省くため・・といえますかね。

 

 

また、LTEを併用しているルーターの場合には
オプションとして、au4GLTEを利用することも可能です。

 

現在ではW04/l01がそのルーターですね。

 

 

au4GLTEは800MHzのプラチナバンド
エリアが広くカバーされ、つながりやすいことが特長です。

 

ただし、au4GLTEを利用した月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になりますので
この点は踏まえておいてくださいね。

 

WiMAX2+とWiMAXでは、通信方式にも違いがあり
WiMAX2+はLTEに近い通信方式が採用されています。

 

 

ルーターも、長時間駆動が可能なバッテリーが搭載され
クレードルに挿すことで、固定回線のように使うこともでき
LANケーブルでパソコンなどを接続することも可能です。

 

 

自宅や会社で、便利に利用することも可能ですね。

 

 

ただし、直近3日10GBの通信量超過の速度制限
au4GLTE月7GB超過の通信制限もありますので

 

 

一切制限されなかったWiMAXと違った視点で
WiMAX2+を利用することも、視野に入れておかなければなりません。

 

 

スポンサーリンク