WiMAX2+の帯域制限(速度制限)について

WiMAX 2+通信制限

 

 

WiMAX2+には通信速度に制限がかかる場合がありますので
この点も、契約前には知っておきたいポイントです。

 

通信制限とは、通信の公平性を目的としたシステムで

 

ある一定のユーザーのみに、通信量が偏らないよう
平等に利用できるようにと設定されています。

 

本来ならば、通信に制限がかからないことがベストですが

 

周波数帯域には、どうしても限りがあるため
上手に付き合っていくしかないのかもわかりませんね・・

 

現在、直近3日で10GBの通信量超過の制限と
ハイスピードプラスエリアモード月間7GB制限の

 

2通りがありますので個々にまとめてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

直近3日10GBの通信制限について

 

2017年1月までは、直近3日で3GBの通信量を超過すると
翌日の昼頃から、翌々日の昼頃まで速度に制限がかかりましたが

 

2月より3日で10GBのデータ容量まで緩和されています。

 

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

 

制限がかかる時間帯も、特に混雑する夜間のみ
日中は制限なくネット接続が利用できるように変更されています。

 

 

スポンサーリンク

 

ハイスピードプラスエリアモード月7GBの通信制限

 

WiMAX 2+のオプションとして搭載されている

 

ハイスピードプラスエリアモードでは
WiMAX 2+とau4GLTEが利用できるわけですが

 

このモードで、月間7GBの通信量を超過すると
当月末まで速度が128kbpsに制限されます。

 

au4GLTEの通信制限について

そして、ここで必ず知っておきたいポイントとして

 

ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
ハイスピードモードのWiMAX 2+に切り替えて接続しても

 

速度が128kbpsに制限されてしまいます。

 

ですので、ハイスピードプラスエリアモードで月7GBを超えると
すべてのモードで速度が128kbpsに制限・・と把握しておいてください。

 

128kbpsの制限は厳しいですから
ハイスピードプラスエリアモードを使うときは気をつけたいですね。

 

 

WiMAX 2+速度制限

 

 

なぜオプションでLTEが搭載されているのかというと
旅行や出張などWiMAX 2+が圏外の地域で

 

ネット接続が必要になった時でも
au4GLTEを利用してインターネットが使えるわけです。

 

WiMAX 2+のエリアも全国的に広くカバーされていますが

 

800メガヘルツの低い周波数帯域を利用する
au4GLTEの方がより広くカバーされているわけですね。

 

ハイスピードプラスエリアモードは
利用月に限り別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

ハイスピードプラスエリアモード無料条件

あなたがauのスマートフォンを契約していて
auスマートバリュー mineが適用されている期間なら

 

ハイスピードプラスエリアモードが無料で利用できますよ。

 

あるいは、ワイマックスで3年契約を結ぶと
ハイスピードプラスエリアモードが無料で使えることが特典になります。

 

 

スポンサーリンク

 

いずれにしても速度制限に引っかからないよう
上手にwifiを使うことが大切になってきますよね。

 

 

 

トップへ戻る