端末WX03とW04の違いは?メリットとデメリットはどうなの?

端末WX03とW04の違いは?メリットとデメリットはどうなの?

WX03とW04のメリットとデメリットについて

NECプラットフォームズのSpeed Wi-Fi NEXT WX03

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03のスペックなどはこちら

 

ファーウェイのSpeed Wi-Fi NEXT W04

 

Speed Wi-Fi NEXT W04

 

Speed Wi-Fi NEXT W04のスペックなどはこちら

 

この2機種の選択に迷ったら何を基準にどう選ぶ?
違いやメリット・デメリットをまとめてみましょう。

 

最も大きな違いとして利用できるモード

 

WX03で利用できるのはWiMAX 2+のみとなります。
WiMAXおよびau4GLTEは利用できません。

 

W04で利用できるのはWiMAX 2+とau4GLTE
(ハイスピードプラスエリアモードが使えるわけですね。)
WiMAXは利用できません。

 

 

スポンサーリンク

 

WX03は東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応

 

ですので、都心部にお住まいであなたの行動範囲が
すべてWiMAX 2+のエリア内なら選択肢になります。

 

WX03はWiMAX 2+専用の端末となっていますよ。

 

W04も同じく東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応
(一部地域から下り最大558Mbpsに対応)

 

さらにハイスピードプラスエリアモードが使えますから

 

WiMAX 2+が圏外のエリアでも、ネットを利用したいとき
au4GLTEで接続して使えるようになるんですね。

 

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを使った月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

あなたがauスマホユーザーさんで
auスマートバリュー mineが適用されている期間は
この1,005円が必要なく、無料で使えるようになりますよ。

 

WX03とW03の選び方のコツは

ですので、WX03とW04の選択にあなたが迷ったら

 

au4GLTEが必要かどうか?まずここを考えてみて
端末選びのヒントにしてみればいかかでしょうかね。

 

一般的に、WX03は都心部向け、W04は地方向け
大きく分けるとこんなくくりになるのではと思いますよ。

 

なお、東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応の
ホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01も販売開始

 

 

Speed Wi-Fi HOME L01

 

 

Speed Wi-Fi HOME L01のスペックなどはこちらの記事で

 

 

工事不要でコンセントに差し込むだけで設置完了

 

持ち運びには不向きですが、小規模事務所や店舗など
事業所向きの端末かもわかりませんね。

 

2017年11月にはWX03の後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT WX04の販売がスタート

 

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04

 

 

ハイスピードプラスエリアモードが搭載された端末で
オプションのau4GLTEが利用できるようになりました。

 

2018年1月にはW04の後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT W05が登場しました。

 

 

Speed Wi-Fi NEXT W05

 

 

東名阪エリアを中心に、ハイスピードプラスエリアモードで
下り最大708Mbpsの高速通信が使える端末となっています。

 

 

スポンサーリンク