Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04

Speed Wi-Fi NEXT W04のスペックや特長など

 

 

ファーウェイのデータ端末Speed Wi-Fi NEXT W04
ポイントは下り最大440Mbpsに対応した点です。

 

東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps

 

さらに2017年9月より一部地域から
下り最大558Mbpsとより高速通信に対応となりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • 利用できるのはハイスピードモード(WiMAX 2+)
  • ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+/au4GLTE)

 

LTEオプションは利用できますが、WiMAXは利用できません。

 

ハイスピードモードのWiMAX 2+で下り最大440Mbps対応

 

 

W04下り最大440Mbps

 

 

2017年9月から一部地域より下り最大558Mbps対応

 

 

W04下り最大558Mbps

 

ハイスピードプラスエリアモードは下り最大708Mbpsに対応
こちらも東名阪エリアの一部からとなっています。

 

ハイスピードプラスエリアモードは利用月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

あなたがauのスマートフォンを利用中で
auスマートバリュー mineが適用されている期間は
1,005円が必要なく無料で利用することができます。

 

また、WiMAXで3年契約を結ぶと
au4GLTEが無料で使えるプランも販売されています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Speed Wi-Fi NEXT W04の基本的なスペックとして
サイズ 高さ53mm×幅130mm×厚み14.2mm
重さ 約140グラム
連続通信時間 約540分(初期設定時)
連続待受時間 約850時間(初期設定時)
同時接続 最大10台(wifi時)

 

Speed Wi-Fi NEXT W04のバッテリー節約モードは

バッテリーの消費を抑えることも可能で

  • ハイパフォーマンスモード
  • ノーマルモード(デフォルト)
  • バッテリーセーブモード

上記3通りのモードから選択できるようになっています。

 

2.4インチの液晶ディスプレイが搭載されて
スマホ感覚で簡単に操作が可能となっています。

 

カラーバリエーションはグリーンとホワイト
2017年2月中旬より販売が始まった端末ですね。

 

下り最大440Mbpsからスタートしましたが、2017年9月より
東名阪エリアの一部より下り最大558Mbpsに対応となりました。

 

なお、2018年1月には後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT W05が販売開始となっています。

 

 

スポンサーリンク