Speed Wi-Fi NEXT WX04

Speed Wi-Fi NEXT WX04

 

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04のポイントとしては

 

NECプラットフォームズの端末として初めて
ハイスピードプラスエリアモードが搭載された点です。

 

オプションのau4GLTEも利用できるようになりました。

 

ただし、au4GLTEは利用月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要となります。

 

auスマートバリュー mineが適用されている期間、または
WiMAXで3年契約を結ぶと無料で使えるようになりますが。

 

2017年11月より本格的に販売開始となりますが
MVNO各社では3年契約限定での取り扱いのようです。

 

3年契約ならau4GLTEが無料で使えるわけですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

下り最大440Mbpsの通信速度に対応していて
2.4インチの液晶ディスプレイを搭載で操作も簡単ですね。

 

モバイルルーターとしては初の
ビームフォーミング機能が装備されていて

 

 

WX04ビームフォーミング機能

 

 

ネット接続が強化されていることもポイントなんです。

 

ビームフォーミング機能とは、wifi接続した端末に向けて

 

電波の指向性を高める技術で、特に室内での接続を
強化するための技術が採用されたといえるでしょう。

 

受信側の端末の位置や動きを察知して
そこを狙って電波をビームで飛ばすとういシステムです。

 

ただし、受信側の端末が
ビームフォーミングに対応していることが必要になります。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04の基本的なスペックは
サイズ 高さ111mm×幅62mm×厚み13.3mm
重さ 約128グラム
連続通信時間 約11.5時間(ノーマルモード時)
連続待受時間 約700時間(休止状態)
バッテリー容量 3200mAh
同時接続 最大10台(wifiデザリング時)

 

 

スポンサーリンク

 

 

なお、クレードルには従来モデルWX03同様に
ダブルウイングアンテナがそのまま踏襲されていて

 

 

WX04ダブルウイングアンテナ

 

 

こちらも、室内でのインターネット接続が
強化されたクレードルとなっていますよ。

 

カラーバリエーションはアクアブルーとクリアホワイト
2017年11月よりMVNO各社で販売開始となっています。

 

WX04メリット

従来機種のWX03はWiMAX 2+のみしか使えませんでしたが
WX04ではオプションでau4GLTEも利用できること

 

ビームフォーミング機能が装備されて
つながり具合が強化されたことがメリットだといえるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

なお、2018年11月には後継機種として
Speed Wi-Fi NEXT WX05が新発売となっています。

 

 

 

トップへ戻る